弦楽合奏団フェリーチェ




2001年大阪音楽大学出身者により、結成された弦楽合奏団。「音楽を学び、そして楽しむ事」をモットーとして、演奏者としてより高い技術の研鑽を積む場を、自分達の手で作り上げていくと共に、一般的にはまだまだ敬遠されてしまうことの多いクラシック音楽を、より多くの方々に身近に楽しんでもらい、その喜びの輪を広げていこうと言う熱い想いのうちに結成。
奏者はそれぞれ関西のオーケストラ公演や室内楽演奏会など、様々な場面で活躍しており、弦楽合奏団としては定期演奏会や各地での病院コンサートやチャリティーコンサートに出演。
その親しみやすい構成や暖かい演奏は多くの観客にその名の通り「喜び・幸せ」を伝え好評を得ている。