ソプラノ 太田 智子

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学専攻科修了。同大学第1回新人演奏会出演。
関西二期会研修生修了後、イタリアへ留学。ミラノ音楽院で研鑽を積み、ミラノ内外で多数演奏会に出演。また、ミラノ音楽院、ロータリー・ライオンズクラブコンクールで第2位を受賞、奨学金を取得。他、在学中にはテッラノーヴァ氏の公開レッスンを受講。
1997年、ドイツ、クロッセンで開催されたセミナー「日独リーダークライス」に参加、修了演奏会に出演。
2002年、アメリカ、ニュ−ヨークで開催された、重松みか氏プロデゥースのセミナー「The Summer Program」に参加するなど、研鑽を重ねる。
オペラは「アマールと夜の訪問者」のアマール、「魔笛」の夜の女王、クナーベT等に出演するほか、モーツァルト室内管弦楽団との協演、宗教曲のソリスト等多数演奏会に出演。演奏活動を続ける一方、合唱等の指導にも力を注いでいる。 第38回なにわ芸術祭「新進音楽家競演会」新人賞、第14回和歌山音楽コンクール第3位受賞。関西二期会会員。